膝下O脚(XO脚)、X脚の治し方

膝下O脚やX脚はどうすれば治せますか?

膝下O脚と言うのは、太ももの間はくっ付いているけど、膝から下の隙間が開いてしまっているというO脚のことです。

XO脚とも呼ばれていますね。

この膝下O脚(XO脚)を治すにはどうすればいいのか?

それには2つの問題を解消すればOKです。

まず1つ目は、ふくらはぎの筋肉を緩める!

上の写真をパッと見ると、いかにも骨が外側にカーブしているように見えますね。

でも実はこれ、ふくらはぎの筋肉が外側に偏って付き過ぎているためそのように見えるだけなのです。

ですので、ふくらはぎの筋肉をほぐして緩めてあげれば外側への出っ張りは解消されていきます。

エステやダイエット系の施術をされている方は、得意そうですね(^^♪


ふくらはぎの内側、外側、そして真ん中のラインをほぐしていきます。


ふくらはぎが外側に大きく張り出している方は、ふくらはぎの内側から外側に向けて筋肉をほぐしていくと効果的です。

そして、もう一つ大事なのは、かかとのねじれです。

上に挙げた、ふくらはぎの外側に筋肉がつきやすい原因というのが、かかとのねじれになります。

かかとがねじれた状態で着地をすると、下のように膝から足までのラインが内側に傾いているのが分かりますね。

これが、ふくらはぎや太ももの外側に重心を片寄らせてしまう原因になります。

そんなかかとのねじれは施術 でもセルフケア でも解消できます。

かかとをつかみかかとの先の方に引っ張りながら時計回り反時計回りにまわしていきます。

このように、ふくらはぎの筋肉を緩め、かかとのねじれを解消してあげると、膝下O脚(XO脚)を簡単に改善すことができます。

筋肉の偏りは、長年かけて出来上がったものなので、それを解消するには時間がかかる方もおられます。

ですが、かかとのねじれと言うのはコツさえつかめばほぼ1回で簡単に解消できます

是非ご参考にして頂ければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする