膝下O脚(XO脚)、X脚の治し方

膝下O脚やX脚はどうすれば治せますか?

 

膝下O脚と言うのは、太ももの間はくっ付いているけど、膝から下の隙間が開いてしまっているというO脚のことです。

 

 

XO脚とも呼ばれていますね。

 

この膝下O脚(XO脚)を治すにはどうすればいいのか?

 

それには2つの問題を解消すればOKです。

まず1つ目は、ふくらはぎの筋肉を緩める!

 

上の写真をパッと見ると、いかにも骨が外側にカーブしているように見えますね。

でも実はこれ、ふくらはぎの筋肉が外側に偏って付き過ぎているためそのように見えるだけなのです。

ですので、ふくらはぎの筋肉をほぐして緩めてあげれば外側への出っ張りは解消されていきます。

 

エステやダイエット系の施術をされている方は、得意そうですね(^^♪


ふくらはぎの内側、外側、そして真ん中のラインをほぐしていきます。

 


ふくらはぎが外側に大きく張り出している方は、ふくらはぎの内側から外側に向けて筋肉をほぐしていくと効果的です。

 

そして、もう一つ大事なのは、かかとのねじれです。

上に挙げた、ふくらはぎの外側に筋肉がつきやすい原因というのが、かかとのねじれになります。

かかとがねじれた状態で着地をすると、下のように膝から足までのラインが内側に傾いているのが分かりますね。

これが、ふくらはぎや太ももの外側に重心を片寄らせてしまう原因になります。

 

そんなかかとのねじれは施術 でもセルフケア でも解消できます。

 

かかとをつかみかかとの先の方に引っ張りながら時計回り反時計回りにまわしていきます。

 

このように、ふくらはぎの筋肉を緩め、かかとのねじれを解消してあげると、膝下O脚(XO脚)を簡単に改善すことができます。

 

 

筋肉の偏りは、長年かけて出来上がったものなので、それを解消するには時間がかかる方もおられます。

 

ですが、かかとのねじれと言うのはコツさえつかめばほぼ1回で簡単に解消できます

 

是非ご参考にして頂ければ幸いです。

 

関連記事

  1. 3月25日、26日 骨盤・O脚矯正 1dayセミナーin …

  2. O脚調整のビフォーアフターの写真をブログに載せたところ1日で…

  3. これからは私が骨盤のゆがみやO脚を治していきたいと思いますb…

  4. 結婚式で脚をキレイに見せたい!の願いを1回の施術で実現

  5. O脚調整のビフォーアフターの写真をブログに載せたところ1日で…

  6.  リピーターを増やすために大事な●●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

講師プロフィール

1971年生まれ京都府出身・明治国際医療大学卒業・鍼灸師(国家資格)、整体師、ケアマネージャ(介護支援専門員)の資格を持つ
[実績]オリンピック代表選手を始め実業団のスポーツ選手の治療を手がける一方、理学療法士の学校で講師を、またプロの鍼灸師、理学療法士などに技術指導を行う もっと詳しく見る

Amazonにて発売中DVD

 

お金をかけずに顧客を集める方法